婚活パーティー 服装 男性 スーツ

婚活パーティーでの服装で男性がスーツの場合

婚活パーティー男性 服装

 

 

婚活パーティーが平日にある場合の男性の服装は一般的にスーツですが、常識的な身だしなみとしてシルエットがキレイな体型にあったサイズ、プレスの効いているスーツといった清潔なイメージが大切です。

 

また、味気無いビジネススタイルですと会社帰り的な印象なのでパーティー向きではありません。

 

スーツに合わせてネクタイやドレスシャツなどでVラインに表情を付けるだけで華やかな印象になります。

 

年代よってはラペルピンやリングタイなどアクセサリーでの演出のほか、季節によっては柄や素材、差し色を取り入れ、ノータイの場合はイタリアンカラーや襟元のデザインがキレイなシャツで工夫するといいでしょう。

 

春は天然素材のコットンやリネンを使用したスーツは通気性など機能性が良く便利です。また、ウールに天然素材のセルロースから作られたキュプラを混紡した清涼機能素材スーツもあります。シャツはパステルカラーがスーツとの相性が良く、ポケットチーフも差し色として使えるので便利です。

 

夏はジャケット無しのノータイスタイルが多いので、メッシュベルトやバッグなど小物で工夫しましょう。パンツはテーパードシルエットが人気で、ネイビーやグレーは寒色系やパステルカラーと組み合わせやすいのが特徴です。

 

秋は気温に応じてベストを取り入れながら、差し色に赤、黄、ブラウンなどくすんだ暖色で工夫するといいでしょう。

 

冬はフランネルやツイードなど柄織のスーツやアウターを黒、ベージュ、ブラウンなどシックにして、手袋やマフラーなどの小物を暖色で差し色するとまとまります。

 

20代のブラックスーツはあまりにシンプル過ぎると冠婚葬祭のイメージが強くなるので、黒と相性の良い赤をシャツやネクタイに取り入れると、個性的でかつオシャレな雰囲気になります。ポケットチーフもシャツやネクタイのトーンに合わせるとVラインがまとまります。

 

30代のスーツスタイルには20代よりも洗練された雰囲気を出したいので、差し色にこだわるよりも質を良くみせるのがポイントです。体形が変化しやすい年代でもあるので特にパンツはサイズ感を重視したスタイリングがおすすめです。

 

40代は個性的な着こなしよりもタイトなダブルスーツでシルエットをスタイリッシュにしながら、若い年代に真似できない洗練された大人の雰囲気をつくります。なるべく質の良い、もしくは質良く見える素材や組み合わせでのスタイリングで工夫しましょう。

 

⇒婚活パーティー服装の通販サイトランキング男性版はコチラから