婚活パーティー 服装 男性 半袖

婚活パーティーでの男性の半袖の服装ってどんなのがいい?

婚活パーティー 服装

 

夏場の婚活パーティーで半袖を着る場合の男性の服装ですが、
スーツの場合はクールビズとしてノータイや半袖シャツ、カジュアルでもポロシャツなどの半袖シャツが一般的です。

 

最近では速乾性や接触冷感など機能性とオシャレなデザインシャツが多いので便利ですが、スーツスタイルの場合は汗対策としてシャツに合わせたインナーを選ぶのも重要です。

 

クールビズのノータイスタイルにはVネックの袖のあるインナーが最も適しています。

 

首周りが広いのでドレスシャツやポロシャツの第1ボタンを開けた時にインナーが見えにくく、涼しげでスマートな印象を与えます。

 

また、袖があるので脇の部分の汗を吸いやすくシミ対策にもなります。

 

中にはインナーの透けを気にする男性もいますが、女性は汗でシャツが素肌に張り付いているような場合や脇の汗ジミ、色がわかるインナーやTシャツのロゴなどが透けて見える方が恥ずかしいと思っていますので白いインナーの透けくらいは身だしなみの範囲なので大丈夫です。

 

モノトーンであればデザイン性の強い半袖ドレスシャツにシルエットのキレイなテーパードパンツを合わせて、ブラウン系のメッシュベルトと革靴、靴下もモノトーンにするとバランスよくスタイリングできます。

 

またスーツやカジュアルに共通しているのが、ジャケットやネクタイが無くなることで組み合わせアイテムが減るので、下半身コーディネートの存在感が重要になります。

 

汗対策などの身だしなみ以上にお腹まわりなど体形も露出しますので、シルエット重視のパンツを選ぶのもポイントです。

 

靴やベルトは素材違いでも色を合わせると全体的にまとまりが出ます。

 

ベルトは夏らしいメッシュがおすすめですが、細いアクセントのある柄でもいいでしょう。

 

靴下は例えばテーラードパンツやクロップドパンツのような半端丈の場合には靴から見えないようにローカット用を選ぶとオシャレです。見えてもいいパンツスタイルの場合はアクセントとしても使えるような色、柄のチョイスがポイントです。

 

カジュアルではポロシャツ+チノパンが合わせやすく、ポロシャツは黒よりも日本人に似合うネイビーがおすすめです。

 

襟が小さいデザインは首周りをきれいに見せてくれるほか、肩幅や身幅もやや小さ目のサイズを選ぶと全体的にもすっきりとした印象を与えます。

 

まとめとして、夏場のパーティーに半袖を着用する場合はスーツカジュアル問わずに汗対策が必要で、色のアプローチも取り入れながら清潔感のあるコーディネートが大切なのです。