婚活パーティー 服装 男性 色

婚活パーティーでの男性の服装で好まれる色は?

婚活パーティー 服装

 

婚活パーティーでの男性の服装は、スーツかカジュアルジャケットが多数ですが全身をコーディネートする際の色の組み合わせは慣れていないと難しいものです。

 

全身の見た目の雰囲気をつくる色になるベースカラーがスーツやカジュアルジャケット、ベースを引き立てて全体をまとめる色としてもアソートカラーがシャツやカットソーもしくはボトム、メリハリや配色を引き締めるアクセントカラーとしてネクタイや靴など3色〜4色で組み合わせを考えるとあまり失敗がありません。

 

まずはスーツもカジュアルも基本のベースカラーとしてホワイト、ベージュ、ブラウン、ネイビーから選ぶといいでしょう。

 

また、組み合わせる色によって相手に与える印象が変わるので、自分にどんなイメージを加えたいかによってスーツやカジュアルのコーディネートを工夫するとさらに良くなります。

 

例えば、ライトベージュ+アリスブルー+インディゴ+キャメルの組み合わせは柔らかな明るい色は大らかで行動的な印象を与えます。

 

また、同じ明るいトーンでも青系が基調の組み合わせでは、ブルーグレー+ホワイト+ネイビーのメリハリあるコントラストは清潔感と信頼感を与えます。

 

一方、ブラウン+ベージュ+マロンなどブラウン系の濃淡は全体的に引き締まって見えるので落ち着いた風格を印象付けます。

 

気をつけたいのが、チャコールグレーや白黒のモノトーンなどは上下にコーディネートすると体形が引き締まって見える視覚効果がある大人っぽいシックな配色ですが、明るい差し色が無いと場合によってはクールで近寄りがたい印象になるので注意が必要です。

 

ところで、人によって肌や髪の色にも個人差があるようにパーソナルカラーと呼ばれる自分らしい色があるわけですが、同じ色でも似合う似合わないがそのパーソナルカラーに関係しています。

 

簡単な判別方法の一つとして、例えば肌の色が黄色みがかっていて、髪や目の色がまっ黒に近いと寒色系などパステルカラーが似合い、肌は色白で髪や目の色が茶色に近いと黄色よりのブラウン系が似合う傾向があります。

 

また、色の強弱の似合う似合わないによっても判別する方法があります。

 

例えば、顔の目鼻立ちがハッキリしている場合は黒+オフホワイト+ネイビーなど鮮やかな組み合わせが似合うほか、顔が薄い場合はキャメル+グレー+パステルカラーなど穏やかな組み合わせが似合います。

 

柔らかなイメージを出すに場合は後者がおすすめです。