婚活パーティー 服装 男性 秋

婚活パーティーでの男性の秋の服装はコレで決まり!

婚活パーティー男性 服装
※10月、11月のコーデ参照「メンズスタイル」より

 

秋の婚活パーティーで気をつけたい男性の服装ですが、平日のスーツでは気温に応じて秋スーツに替えてベストなどを重ね着しますが、季節感を意識するあまり、ヒートアイランド現象や異常気象などで人混みや地下鉄などで汗ばむパターンが意外と多くなっていると聞きます。

 

スーツはまだ夏物で涼しく、小物に赤、黄、茶などスモーキーなトーンで秋を感じさせる差し色を取り入れるといいでしょう。

 

20代の男性は若さが一つの個性なので、落ち着いたチャコールグレーのスーツ+ネイビーのギンガムチェックシャツ+ダークブラウン×オレンジドットのネクタイでより若々しい印象になります。ネクタイのドットは小さめを選ぶと柄×柄でもうるさく感じないでしょう。

 

30代はダークブラウンスーツ+白シャツ+緑×黄黒ボーダーニットタイが秋らしい印象になります。ブラウンと緑は相性が良く、ニットタイがオシャレをアップさせます。

 

40代はシックに目立ちましょう。チャコールグレースーツ+スーツよりもワントーン明るいグレーシャツ+スリムな黒ネクタイ+ブラックシルク(もしくは光沢のある生地)のポケットチーフは上品な大人のパーティーにぴったりです。

 

土日の婚活パーティーで気をつけたい男性の服装ですが、秋は基本のカジュアルジャケット+パンツスタイルに秋らしいシャツ、ニット、素材、色や柄などで重ね着や小物で取り入れます。

 

シックな色調をベースにトーンを合わせながら差し色で全体のバランスをみるといった方法が決めやすいでしょう。

 

20代はネイビーのテーラードジャケット+グレーのストライプシャツ+チノパンをベースに、気温によってチャコールグレーのVネックニットなどで体温調節するのが便利です。ベルトと靴はダークブラウンを選ぶといいでしょう。

 

30代もネイビーのテーラードジャケットに、シャツではなく白いVネックカットソーが首回りをスッキリと大人っぽい印象になります。パンツはブラックやグレー系ジーンズの方が全体的なまとまりが良くなります。靴はチャッカブーツなどハイカット系を選びましょう。

 

40代はタイトなネイビーや黒のバブルジャケット+ライトブルー、もしくはインディゴのデニムシャツ+チノパンという組み合わせがおすすめです。ダブルジャケットのコーデは難しいですが、色使いやタイトなデザインを選ぶことで着こなしに差が出ます。

 

また、靴はダークブラウンのチャッカブーツやローファーが合わせやすいでしょう。

 

⇒婚活パーティー服装の通販サイトランキング男性版はコチラから