婚活パーティー 服装 男性 30代

婚活パーティーでの30代男性の服装

婚活パーティー男性 服装
※女性目線セレクトのメンズ服通販サイト「メンズスタイル」より画像参照

 

30代の男性は自分らしさへのこだわりや若さを残しつつ、経済的な余裕を感じさせる服装がおすすめです。

 

30代は前半と後半で体形も20代の頃に比べて変化しやすいので、自分に合ったサイズ選びが雰囲気のある着こなしが必要です。

 

夕方や夜から開催が多い平日の婚活パーティーは、定時上がりが難しい30代にとっては通勤スタイルそのままに参加する場合も少なくありません。

 

仕事をバリバリこなすビジネスマンでも身なりを気をつけなければ、女性からの印象は良くありません。

 

対策として、シワのできにくい形状記憶加工のタイトなスーツをベースに、例えば春であれば無地のスモーキーベージュ+ライトブルーのストライプシャツ+濃いネイビー+白ドット柄ネクタイは、柄×柄ですがネクタイのドットが小さいので視覚的な邪魔にならないさりげないオシャレがポイントです。

 

秋冬では黒に近いブラウン+差し色として、ボルドーのVネックニット+白シャツ+細身の黒ネクタイ、アンティークブラウンの革靴で堅実なイメージに海外のビジネスマンのようなセンスあるコーディネートもおすすめです。

 

また、夏のクールビズスタイルでは体に合ったサイズを心がけましょう。

 

いくら上質なシャツでも大きすぎればお腹周りや袖がシワで膨らみ、だらしない印象になります。

 

個性的なボタンステッチやテープをあしらったイタリアンカラーのほか、襟元の2つボタンが特徴のドゥエボットーニシャツは襟を開いた時に首元がきれいに見えるのでさわやかな清潔感があります。

 

土日の婚活パーティーではカジュアルジャケット×パンツが定番ですが、30代前半であればタイトで深みのあるネイビージーンズに黒いリネンジャケット+グレーシャツ+細い斜めストライプのネクタイ、そしてジーンズに合わせたアンティークの風合いあるブラウンの革靴、ボルドー系のポケットスカーフで差し色と全体的にシックなトーンにすることでラフなジーンズでも落ち着いた印象を与えます。

 

35歳以降はラフさに洗練された雰囲気を取り入れたいので、風合いのあるジーンズならジャケットはライトベージュのウィンドウペンチェック+ライトブルーの間隔が狭い細いストライプイタリアンシャツ、ブラウンの革靴にベルトの組み合わせもいいでしょう。

 

秋冬はウールやツイードなどカジュアルスーツに、ニットタイや靴下などのアイテムで変化をつけるほか、春夏でも麻や薄手のジャージーなど素材や白やブルーを基調としたコーディネートがそれぞれに季節感のあるオシャレができます。

 

⇒婚活パーティー服装の通販サイトランキング男性版はコチラから